2010年4月17日土曜日

Xperiaに興味津津



今更ながらXperia(エクスぺリア)のことを書きます。発売から2週間以上経ちましたが、まだまだ品薄のようですね。店舗であのサクサクした操作感を味わって、本気で欲しくなってきたので、本気で我慢しています。OSもきっと1.6のままでは終わらせないはず、と期待しています。それにしても、Androidという企画が世に発表されて以来、楽しみしていた者としては、この盛況ぶりは嬉しい限りです(何様?)。

ブログの更新はサボっていましたが、HT-03Aは毎日欠かさずいじり続けています。こいつの無い生活は、ちょっと考えられないくらいです。そこに新機種発売(Xperia)、気にならないわけがありません。発売前の3月中旬くらいから家電量販店やドコモショップに、ことあるごとに足を運び、パンフやモックや実機を求めてウロウロ。ストーカーか!?って自分にツッコミを入れつつ。そんなに気になっている、にもかかわらず、予約さえしていないわけですが。それには経済的事情があるわけです。はい。

今日は、ホントにXperiaを買っちゃったら、私はいくら払うことになるのか、を本気で検討してみました。購入価格は、7店舗見て回った中での最安値を使って計算します。
新規契約:36792円。機種変更:39984円。
(デビュー割、ご愛顧割、端末購入サポート、その他の割引施策をすべて適用した価格)

いや、これからケータイを持つぞ!っていう人なら上記の金額を見て終了なんですが、私の場合、約4か月に日本初のAndroid携帯HT-03Aを契約しちゃっています。そのときにお世話になった「端末購入サポート」が、今は足かせになってしまうのです。えと、31500円を割引してもらったのですが、24か月未満で機種変更すると、その分を支払わないといけない約束になっています。これは月々1260円ずつ減ることになっていて、4月下旬に機種変更した場合、26460円を支払わないといけません(ToT)
機種変更した場合の支払いは、
66444円
(Xperiaの購入代金 39984円 + HT-03Aの端末購入サポート 26460円)

これは払いたくない!となると、新規契約(え?)。
新規契約した場合は、2回線持つことになりますから、Xperiaの分に加えてHT-03Aの分の回線維持費も掛かります。えと、月々2000円。いや、タイプSSバリューをタイプシンプル バリューに変更すれば月々1800円! この回線を20か月後に解約すれば、余計な費用を最小限に抑えることができます。ええ、20か月の回線維持費36000円が、さらに余計なわけですが。だめだろコレ。
新規契約した場合の支払いは、
72792円
(Xperiaの購入代金 36792円 + HT-03Aの回線維持費20か月分 36000円)

裏技(?)で白ロムに走ってしまえ! HT-03Aに挿入してあるSIMカードをXperiaに挿入して使います。この場合は、ドコモの保証などが受けられないはず。故障も事故も自分とは無縁だという自信(?)があるならコレもありかと。
白ロム購入の場合は、
62,980円
(白ロム販売エイヤー楽天市場店 2010.04.17時点)


以上をまとめます。2010年4月下旬時点。

1.機種変更した場合
66444円
(Xperiaの購入代金 39984円 + HT-03Aの端末購入サポート 26460円)

2.新規契約した場合
72792円
(Xperiaの購入代金 36792円 + HT-03Aの回線維持費20か月分 36000円)

3.白ロム購入の場合
62,980円
(白ロム販売エイヤー楽天市場店 2010.04.17時点)


世の中、ウマい話はそうそう無いようで。実は私の予算はせいぜい4万円弱。できれば2万円前半に収めないと、周辺機器を買うこともできません。やっぱり結論は予想通り、購入不可。

私、待ちます。Xperiaが安くなるのを。


そうこうしているうちに、ドコモ以外からもAndroid端末が発表されています(ソフトバンク:ほぼNexus Oneの「HTC Desire」、au:スマートブック「IS01」)。そして、ゆくゆくはドコモからも新機種が発表されるでしょう。何となく、年に1度は機種変更したくなりそうな予感がしています。そんな未来も見据えつつ、やっぱり、今はガマンかな。

0 件のコメント: